デザインのデータ形式・入稿方法について

デザインの作成

どのようなデザインにするか、またプリント方法やプリント位置、プリントサイズを決めていきます。

プリント・刺繍サイズ

ボディによって最大プリント・刺繍サイズが変わります。
小さなボディと大きなボディを同時に注文される方は、同じ版で製作するかサイズの違う版をもうひとつ作成するかという判断も必要になります。

プリントする場所

プリント可能な場所は、各アイテムによて違います。各アイテムのプリントサイズの詳細はお問い合わせください。
また、Tシャツ等の脇仕様には【丸胴仕様】【横割り仕様】があります。
プリントは、縫い目の上にはできませんので、脇へのプリントは【丸胴仕様】のみ対応しております。【丸胴仕様】の記載のないアイテムは、脇へのプリントができません。

シルクスクリーン印刷をご希望の場合

色数について
シルクスクリーン印刷は、単色や色数が少ないもの向きのため、カラー写真やCGなど、色数が多いものや、デザインが細かいものは印刷できません。
1色、2色など少なめの色数がおすすめです。1色につき1版がいるので色数が増えると値段も高くなります。
費用を抑えたい場合は1色印刷がおすすめです。
線の太さについて
できるだけ1mm以上の線でデザインを作成してください。細い線での印刷は不向きです。
(特にキャップは性質上1mm以下の細かいデザインはお勧めしません。 必ず1mm以上の線幅、線と線の間を保ったデザインでお願いします。)
ジャンパーについて
ジャンパーは油性プリントのため、版の流用ができません。
プリント色は1色のみで、蛍光色はプリントできません。

昇華転写をご希望の場合

色数について
色数の制限はありません。
昇華転写は写真やCGがきれいに印刷できるのが特徴ですので、細かいデザインにも適しています。
ただし、素材は白生地のポリエステルの入った商品に限定されます。(スポーツタイプ)

カッティング圧着をご希望の場合

色数について
色数の制限はありません。版を作る必要がない為、多色の場合でも価格は同じです。
写真やCGなど、細かいデザインでもプリントできます。
プリント色について
イラスト等をプリントする際、ゴールド・シルバーはグラデーション表現になります。また、蛍光色はプリント色見本にある色がそのままプリントされます。

© 2016 オリジナルTシャツのFirstBall